出雲市・雲南市周辺で骨盤の歪みが気になる方、産後の骨盤矯正専門店をお探しの方へ

出雲市・雲南市の骨盤矯正

骨盤矯正はこのような方にお勧めです

このようなことでお悩みではございませんか

お悩み
  • 出産で骨盤が開いた気がする
  • 姿勢が悪いといわれた
  • 出産後腰痛で悩んでいる
  • お尻が大きくて悩んでいる
  • 生理痛などで悩んでいる
  • etc

1つでも当てはまる方はご相談ください

骨盤が歪む原因

原因

骨盤は動いています!

リラックスしていると骨盤は開き気味になり(特に睡眠中は開いています)、緊張・硬直・プレッシャーを感じていると、骨盤は閉じ気味になります

スポーツで勝敗を争っていたり、頭を使って勉強していたり、仕事中も骨盤は閉じ気味になります

自然な開閉が行われているにも拘わらず、「骨盤の歪み」が生じてしまうのでしょうか

正常な骨盤は骨盤を真正面から見た時、全体が左右対称になっていて、骨盤の形は、逆三角形、そして、恥骨は左右水平にピッタリ結合しています

また、骨盤はいくつもの骨で構成されていますが、その骨を外部の刺激から保護してくれる筋肉によって支えられています

上半身と骨盤を繋いでいる腹直筋と脊柱起立筋、下半身と骨盤を繋いでいる臀部筋群(おしりの筋肉)と内転筋(ふとももの内側の筋肉しかし私たちの日常的な健康を支えている骨盤も、何らかの要因で骨盤が歪んでしまい開き気味になっています

その原因は、様々考えられます。最大の要因は、筋肉の衰えで、極端に運動不足が続いてしまう、もちろん老化も一因です

骨盤の回りを囲む筋肉群(腹直筋・脊柱起立筋・臀部筋群・内転筋)…そして上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉・大腰筋が衰えてくると、骨盤の歪みだけでなく、骨盤が絶えず開き気味になり、骨盤の異様な傾きを引き起こします。(腰が丸くなり、背中も曲がってきます=猫背)

また日々の何気ない動作が、骨盤の歪みを引き起こす原因にもなっています。

  1. 椅子に座った瞬間、すぐに片方の足を組んでしまう
  2. 机に肩肘をついてしまう(猫背の原因)
  3. 床に座る時、横座り(女の子座り)をしてしまう
  4. 自然と片足に体重をかけて立ってしまう(癖)等々

このような何気ない動作(=癖)をすることで、自然と片方の骨盤に無理な負担をかけてしまうことになります

そして骨盤が歪み、背骨も曲がってしまいます

骨盤の歪みタイプ

骨盤の歪み

骨盤の歪みには左右に歪んだ骨盤と、前後にゆがんだ骨盤と2種類あります

いつも決まったほうの肩だけが凝ったりする方は、骨盤が左右に歪んでいるのではないでしょうか?

骨盤が左右にゆがむと、体が横に傾いたり、ねじれたりするので、筋肉が偏って緊張してしまい、腰痛や肩こりになってしまいます

普段、猫背の方や靴の外側ばかりが減ってしまう方、あなたの骨盤は前後にゆがんでいませんか?骨盤が前後のゆがみで多いのが、骨盤が後に倒れてしまうタイプです

これは骨盤を立たせる為の筋肉が弱ってしまったために起こります

骨盤が後ろに倒れてしまうと仙腸関節は両方開き、骨盤も開いた状態になります

当院の骨盤矯正の特徴

骨盤矯正

当院の骨盤矯正は骨盤周りだけではなく猫背矯正のように、全身に対してアプローチをいたします

他店のような低料金で行われている骨盤矯正は、部分的に骨盤周りを調整し骨盤だけの歪みを正すだけではございません

骨盤だけが整っても、猫背や側弯症などほかの部分も改善されていなければ根本改善にはならず、持続力もなくすぐに元の歪んだ状態になってしまいます

施術も、骨を鳴らしたり、強い圧で行ったりするのではなく、とてもソフトな施術で筋肉を弛緩させたり、最高峰手技で瞬時に可動域を改善させていきます

また美容面におきましても、産後に広がってしまった骨盤の横幅を縮めたり、お尻の筋肉をアップさせ見た目も良くしていきます

骨盤矯正のメリット

メリット

特に女性の方に対してですが、女性の骨盤の中には子宮や卵巣があり、骨盤が歪むことでそれらの臓器が圧迫されています

臓器が圧迫されると女性ホルモンが乱れて生理痛や生理不順の原因にもなります

また、腸も圧迫されることから便秘にもなりやすいです

骨盤は体の中心部にあるため、骨盤が歪むと背骨や後頭骨などにも歪みを発生させ、脳脊髄液の分泌が悪くなって自律神経の乱れも生じてきます

美容面においても、骨盤の歪みで、内臓機能の低下が起こったり、体の動かし方もスムーズでなくなり、筋力低下が起こり、基礎代謝が悪くなって太りやすくなってきます

産後においても、妊娠前の体型に戻りづらく、ボディバランスも悪くなってきますので、すべての面において骨盤矯正は大切なものになります

産後の骨盤

産後の骨盤

赤ちゃんがお母さんのおなかから出てくるためには、産道10cm広がっていなければ赤ちゃんは出てきません。しかも出産直前においては胎児と羊水で5キロの大きさを収めるスペースが必要となって骨盤が左右に広がります。

出産直前には産道確保のため、骨盤の前にある恥骨が離れ、お尻の後ろにある仙骨が後方にせり上がり、骨盤の下にある坐骨間が大きく広がっています。

また骨盤だけでなく、出産により筋肉や靭帯も傷つき弛んでいます

産後の骨盤のゆがみと症状

原因

出産により骨盤が歪むと、内部の臓器が影響を受けやすくなり生理時の痛み、生理不順、便秘、腰痛、坐骨神経痛、頻尿、胃の圧迫感などの症状と骨盤の歪みが関係しています

子宮は骨盤内にありますが、靭帯によって骨盤に付着していて骨盤が歪むと、生理時に子宮が収縮するときに、余計な負担がかかりやすくなります

また、骨盤が歪み腹腔が圧迫されることにより、腸の蠕動運動も妨げられます

また、妊娠中、産後は特に「尿もれ」を経験する方が多いです

人には相談しにくい悩みですが、なんと90%の妊婦さんが「尿漏れ」を経験するといわれています

妊娠中は大きくなった子宮を支えようと、骨盤に大きな負担がかかってしまい、子宮や膀胱、直腸といった骨盤内にある臓器を支えてくれる「骨盤底筋」が緩んできます

骨盤底筋には尿道、肛門、膣を締めるという大きな役割を担っているのですが、妊娠をして骨盤底筋が緩むことにより、妊婦さんや産後の方に「尿もれ」が起こるというわけです

また、骨盤底筋は出産時、赤ちゃんの産道になるので、出産するときに骨盤底筋が引き伸ばされたり、切れたりすることがあります

当院の産後の骨盤矯正は「尿もれ」のトラブルにも対応した内容となっていますので、安心してお越しください

骨盤の開きとは

骨盤開き

良く産後の方は骨盤が開いてお尻が大きくなったといわれます

私たちの身体は骨盤を底辺として、その上に内蔵が吊り下げられている状態になっています

骨盤の状態が正常な位置であれば、内蔵は吊り下げられた状態をキープし続けます

しかし骨盤が開いた状態になってしまうと、吊り下げられた内蔵は次第に下半身を中心に下降します

すると内蔵の隙間に脂肪が蓄えられるようになり、皮下脂肪も付きやすくなるのです

骨盤の開いた状態が続けば、太りやすくなるといわれる理由はここにあるのです

ちなみに骨盤の開いた状態が続くと身体の様々な部分に悪影響を及ぼすこととなり、筋肉も疲れやすくなり、エネルギー消費もされにくくなります

骨盤が開くとどうなるか

骨盤開き影響

骨盤は上半身と下半身をつなぐパーツで、当然体を動かした際には骨盤も稼働します

たとえば右脚をあげると右の腸骨が上がりますので、骨盤は右上側に「開き」ます

座っていても骨盤は動いています

イスに浅く腰掛けてみてください、その姿勢のまま背もたれに背中を押し付けてみると、腰の後ろ側(背中側)に負荷がかかりますね
この状態では、骨盤の前側は上に引っ張られて縦に伸び、背中側は後ろに傾いて開きます

反対に前屈みになると、前側は閉じ、後ろ側は縦に引っ張られるように伸びて開きます

とくに美容と健康を気にする女性などは「骨盤が開く」というと、どうも良くないイメージを持ってしまいがちではありませんか?

しかし、このように、日常生活に中で、自然に開いたり閉じたりを繰り替えしていますので、開くことそのものには問題ありませんのでご安心ください

問題は、「骨盤が開きっぱなし」になることです

骨盤が開きっぱなしになると、腰回りが大きくなり太って見えてしまうほか、内蔵のはたらきが悪くなります

まず骨盤が開くと、当然閉じた時よりもサイズが大きくなります、その開いた形のままで過ごすことが多いと、開いて大きくなった状態の体つきが定着してしまいやすくなります

つぎに骨盤の周辺にはさまざまな内蔵があります

骨盤の内側には大腸、生殖器、女性は子宮も守られています

上部には小腸、胃が配置されています。骨盤が開きっぱなしになると、これら上にあるべき内蔵が骨盤の内側に落ちてしまい、もともとあるべき内蔵が圧迫されてしまいます

それにより、内蔵のはたらきが悪くなり、不調を引き起こしてしまうというわけです

開きっぱなしにしないためには、動きやすい骨盤をつくることが大切です

骨盤は、交感神経と副交感神経のはたらきにあわせて動く性質があります

そのため朝は閉じ気味になり、夜はリラックスして開く動きをするという、開いたり閉じたりの動きを自然に行っています

リラックス時に骨盤をゆるめて開き、活動時に骨盤を閉じて元に戻すという動きを繰り返し、もともとの逆三角形をキープしているのです

ですので、骨盤が自分で元に戻ろうとした際に戻れるように、まずは骨盤周辺を柔らかくしておくことが大切です

産後の骨盤矯正法

産後骨盤矯正

女性は出産により、骨盤の状態が大きく変化します

歪んだ状態で固まったりすると、出産前と比べて上記に述べたような症状が出やすくなり、出産後は慣れない育児も加わり、生活のリズムも変わるでしょう

赤ちゃんとはほぼ24時間一緒ですから、気持ちも緊張している状態が続きます

出産後の骨盤の歪みに加えて、育児の疲れやストレスにより、産後の体調不良をうったえるママさんは多いです

出産後は自分でも骨盤ベルトなどで、骨盤の開きを抑えることをオススメ致します

妊娠→出産→育児の中で作られてきた産後の女性特有の「構造(筋肉や骨格)」のバランスの乱れを独自のカラダ矯正体操を指導して修正しながら、当院オリジナルの手技で確実に「ゆがみ」、「痛み」を取り除き、また「尿もれ」等のトラブルも最効率に改善させていきます

産後の骨盤矯正Q&A

産後の骨盤矯正はいつからがいいですか
当院の骨盤矯正は、身体にとっても優しい骨盤矯正です
「矯正」という言葉を使うと、TVで拝見するような、強い圧を加えたり、無理やり力ずくで矯正したりと、身体に負担をかけるようなイメージがあるかもしれませんが、非常にソフトで痛みもまったくありませんので、出産後比較的早期の骨盤矯正が可能です
しかし、出産直後は体力も低下していることから、自力で家事をしたり、車の運転ができる程度に体力が回復してからの骨盤矯正をお薦めしています
自力で来院可能なくらいの体力があれば大丈夫ですが基本的には産後1ヶ月目で出血が収まり2ヶ月目で骨盤周りの筋肉が安定いたしますので骨盤矯正は3か月目から施術を受けられることをオススメいたします
産後の骨盤矯正は何回通えばいいですか
骨盤の開きぐあい、ゆがみの程度、筋肉のくせ、日常での姿勢などにより良くなる期間は異なりますが、当院では目安として、週1回~2週間に1回のペースで4、5回、あとは少しずつ間隔をあけていけばよろしいです
術後の様子を見てこちらで次回の来店を指示いたします
赤ちゃんを連れてきても大丈夫ですか
赤ちゃんは小さい時はよく寝ますので、赤ちゃんとご一緒にご来店いただいてもかまいませんが、1歳~2歳になると活発に動くようになるので、施術に集中して頂くためには、できればお子様を預かってもらい ご来院されたほうがよいと思います(難しい場合は、予約時間等の配慮をさせていただきますので、ご相談ください)。
また、赤ちゃんが泣いたりした際は、一時的に施術を中断して、抱っこ 授乳 おむつ替えをしていただきます
施術は痛くありませんか
ボキッ・バキッと音のするような強い矯正は一切いたしません
筋肉のバランスをとりながら、骨盤のゆがみを整えていきますので、基本的には気持ちの良い矯正になります
恥骨の痛みや尿漏れの施術など、恥ずかしかったりと不安がありますが?
お気持ちは十分に理解できますが、恥骨や尿もれの治療とは言っても、当院の技術は、患部そのものに直接強い刺激を入れるのではなく、筋肉や神経の反射を利用した安全な技術で対応しますので、ご安心ください
また、妊娠、出産という体にとって大きな大変革を体験されたわけですので、物理的な負担から様々な不具合が出ても当然です
恥ずかしい気持ちは仕方ありませんが、ぜひ当院では、しっかりとお身体の状態を教えてください
また子供を作る予定がありますが、骨盤矯正は必要ですか?
妊娠、出産、育児によりダメージを受けた骨盤を、よりよい状態にしておくことは、次の妊娠をスムーズにするための重要なポイントになります
出産を重ねるたびに腰痛が強くなったとか、体型が変わった、むくみや冷えが強いといったことは、産後の骨盤へのケア不足が原因の1つと考えられます
また、なかなか妊娠できないというような不妊症の方なども骨盤のゆがみが大きく関係している可能性があります

お問い合わせ・ご予約

ご予約について

当院では、フランチャイズのマッサージ店や整体・整骨院のように数名のスタッフで行っているお店ではございません。整体においては院長が一人一人のお客様に対し、計画性と責任を持って対応しています

今日の今とかいう急なご予約をいただきましても、先約の関係上ご予約をお断りする場合がございますので緊急を要さない場合のご予約は前もってご予約をご検討願えましたら幸いです

※ご予約の際には、第二、第三希望も検討の上でご連絡お願いいたします

 

お好みの連絡方法をタップください

電話予約

ライン予約
 

アクセス

【住  所】 雲南市大東町仁和字183-4
【電話番号】 0854-43-4147
【営業時間】 AM9:00~PM7:00
【定 休 日】 不定休 (トップページ営業カレンダー参照)
【駐 車 場】 駐車場有
【アクセス】 加茂郵便局から玉造方面に2km 出雲市内から車で30分

  • 雲南市整体アットホーム
  • 雲南市整体アットホーム地図